瓶に入れる新鮮野菜神楽坂 それがメイソンジャー

204
メイソンジャーはサラダに新しい革命を起こしました。
日持ちしないと言われる生野菜を密封の広口瓶に入れることで、冷蔵庫で1週間近く保存OKの新しい常識を打ち出しました。
お弁当に生野菜サラダを持って行けるなんていうのは、夢のような話でしょう。
別名作りおきサラダ、持ち運びサラダとして、女子たちのお昼が大きく変わろうとしています。
厳密にいうと、5日間の冷蔵庫保存可能なサラダとして、この間は野菜のシャキシャキを味わうことができます。
毎日新鮮な野菜を食べたいけれど、野菜を切るのも大変だし、サラダを作るのも億劫。
そして、いちいち作るのは高上りになってしまう。
そんな理由も多い野菜サラダですが、メイソンジャーがあるとそんな悩みは一掃されます。
ガサガサと瓶に野菜を詰めることで、5日間は美味しいサラダを食べられるだけではなく、朝食べてお昼もそのまま持っていけるというのは新しい発想です。
毎日食べたい野菜サラダが簡単に美味しくいただけるなんていうのは、今まで考えたこともなかったでしょう。
野菜と言えば、神楽坂 ささ木のメニューはこちらで、スムージーもかなりポイントが高いのですが、こちらは料理をしなければならないし、後始末も大変。
顆粒のものもあるけれど、メイソンジャーはもろ野菜を食べてます感が嬉しい。
瓶の中から、ガサガサと野菜を食べる感覚は、いかにも体に良いという感じがするのもいいかも?
ニューヨークで流行っているのよ、Ballの瓶よ、と自慢するのも良いかもしれませんが、そんなの常識よと一笑されちゃいそう。
和食は体に良いのですか?